So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン あらすじ ネタバレ 第23週「待てば海路の日和あり」

「マッサン」の第23週のあらすじとネタバレ


朝ドラ「マッサン」の第23週目のあらすじとネタバレをご紹介!

激しさを増す戦争。

とうとう一馬の戦死の通知が届く!

終戦を迎える日本。

思わぬ再会がエリーを救う!

本文中にネタバレを含んでいますので、
放映前に内容をお知りになりたくない方は
閲覧注意でお願いいたします!



空襲に備えて


1945年(昭和20年)7月。

一馬の出征から一年半以上が過ぎ、
戦況は悪化の一途を辿っていた。

東京や大阪は爆撃を受け、焦土と化し
北海道にも空襲があるとの噂が流れる。

エリーも三年近い軟禁生活に
疲れを見せていた。

空襲されたら、ウイスキーはあっと言う間に
火が回ってしまう。

マッサンはポットスチルから一番離れた
乾燥塔を自分達の待機場所にし、
ウイスキーの樽を進の倉庫を借りるなどし、
分散させて守ろうと計画した。

マッサンは女性と子供らは進の所へ
避難させようと考えていたが、
エリーもエマも、どんな運命も
マッサンと一緒だと言うのだった。

ハナも俊夫から離れないと言う。




スポンサーリンク








敵機来襲


翌日から、樽の避難と乾燥棟の
補強工事が始まった。

数日後、樽の運び出し作業をしていた
マッサンたちは、空襲警報を聞いた。

皆、避難しようといっせいに走り出したが、
マッサンは火が回ったら、火を消すために
残ると言い出し、俊夫に怒鳴られる。

「死んだら終いじゃー!!」

自宅にいたエリーとエマも大急ぎで
乾燥棟に避難した。

二発の爆音が聞こえたが、幸いにも
工場が攻撃されることは無く、
日暮れには家に戻れた。

一馬の戦死の知らせ


次の日、マッサンは貯蔵庫の屋根を
空から見えにくくするために、
色を塗り替えることを提案する。

そこへ役所の兵事係がやって来た。

「森野一馬さんのご家族の方は…」

そう言われ、ハナが出ていくと、
手渡されたのは一馬の戦死の通知だった。

合同葬儀の日程が決まったら
また知らせると言って、兵事係は
去って行った。

泣き崩れる熊虎、ハナを抱きしめるエリー。
マッサンも俊夫も言葉を失っていた。

そこへエマが買い物から帰って来た。

ただならぬ雰囲気に、エマは事情を察した。

自分の部屋に駆け込んで号泣するエマ。

泣き続ける熊虎に、マッサンは一馬と
一緒にブレンドしたウイスキーを差し出す。

しかし、熊虎は今は飲むことができないと
涙にくれるのだった。

遺体亡き葬儀


8月6日、一馬の合同葬儀が行われた。

参列した熊虎とハナは、白木の箱を
抱えて帰宅したが、その中に遺骨は無く
「陸軍上等兵森野一馬之霊」
と書かれた紙が一枚入っているだけだった。

広がる悲しみの中、エリーは気を取り直し
一馬のためにお帰りなさいのパーティーを
開いてあげようと提案した。

一馬の分まで食器が用意され、
一馬とブレンドしたウイスキーが出された。

マッサンは一馬が残してくれた
麦の種を育てて、ウイスキーを仕込むことを
約束するのだった。

この日の朝、広島に原爆が投下された。

夜になってそのことを知ったマッサンは
広島の実家に電話を掛けるも、
一向に繋がらないので電報を打ちに行くのだった。

マッサンへの誘い


広島の実家から連絡の無いまま、
8月9日に長崎にも原爆が投下され、
ついに日本は降伏し、15日に終戦の日を迎えた。

エリーを見張る特高の姿も無くなっていた。

戦争が終わり、エリーは微笑んだが、
そのまま倒れてしまった。

戦争が終わっても、失ったものが多過ぎて
すぐには元の暮らしには戻れなかった。

マッサンは工場の敷地を皆に開放し、
畑を作ってまずは、生活の立て直しを
計ることにした。

皆で必死に畑を耕していると、
広島から家族が無事であると
電報が届いた。

終戦から二か月が過ぎた頃、
大阪から男が訪ねて来た。

柴田商会の取締役、柴田健と名乗る人物は
ドウカウイスキーで三級酒を作って
売り出したいと持ち掛けてきた。

即座に断ったマッサンは、
今後の相談も兼ねて、大阪に行くことにした。

しかしそこへアメリカの進駐軍がやって来た。

彼らもドウカウイスキーを売って欲しいと言う。

気が乗らないマッサンは、今の自分には
手立てがないと大阪行きも見合わせるのだった。

キャサリンとの再会


ある日、突然キャサリンが訪ねて来た。

宣教師たちの船に乗せてもらって
帰国したキャサリンは、夫のチャーリーが
小樽の教会の炊き出しに駆り出され、
一緒に付いて来たのだった。

キャサリンは今、大流行している
「リンゴの唄」をエリーに教えた。

キャサリンに慰められたエリーは
元気を取り戻すのだった。

彼女の勧めもあって、エリーは
戦争が終わって初めて工場の外に出た。

マッサンと共に小樽で炊き出しを
手伝うために。

そして、マッサンは会社を立て直すため、
熊虎の助言を入れて、進駐軍との
取引を始めるのだった。

このあらすじは、コチラ↓を参考にしています。

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。