So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」104話(2月3日)ハナ、俊夫に気持ちを尋ねる!

「マッサン」感想とネタバレ104話


ハナに見合いの話が来てから、
急に仕事に打ち込む俊夫。

返品されたリンゴ汁で、ワインを造ることを
思いつくのだった。

一方、はっきりしない俊夫にハナは
直接気持ちを尋ねる!

「マッサン」104話の内容とネタバレ


ハナの見合いについて、エリーはマッサンに
相談してみた。

「ハナちゃん次第」

と答えるマッサンに、エリーは
「俊夫さん、ハナ、ラブ。
ハナ、俊夫さん、ラブ。」
と言うのだった。

マッサンは「まさか」と取り合わない。

エリーの考え過ぎだと。

その頃、俊夫は一人研究室に籠り、
醸造学の書物を読み漁るのだった。

ハナは見合い写真を見ながら
物思いに耽る。

翌朝、マッサンと一馬はリンゴ汁を持って
函館の問屋周りに出掛けようとしていた。

そこへエリーが、俊夫が朝ごはんを
食べに来ないと探しに来た。

と、俊夫は一晩中研究室に居た。

俊夫は返品されたリンゴ汁を使って、
ワインを作れるんじゃないかと
マッサンに提案した。

その発案にマッサンも一馬も驚いた。

俊夫は仕事一筋、仕事のことしか
考えていない、オナゴのことも
結婚のことも興味が無い!
…と聞いてもいないことを言いだした。

その言葉で、マッサンは
「もしかして…。」
と、エリーの言っていたことに
思い当たるのだった。

研究室を出た俊夫は、ハナと出くわしたが、
珍しく二人は一言も口をきかずにすれ違った。

その様子を見て、エリーは絶対に
二人は好き合っていると断言した。

エリーはエマにリンゴゼリーを
作ってあげた。

と、肉じゃがを作ってるハナは
上の空で、危うく焦がしそうになってしまう。

そんなハナにエリーは、好きな人がいるなら
お見合いは断るべきだと勧めるのだった。

その夜、俊夫は夕食も摂らずに
研究室で酵母の実験を進めていた。

様々な酵母を試し、どれが一番
リンゴ汁に合うのか、研究していた。

手伝うと言うマッサンを断って、
一人でやらせてくれるよう頼む俊夫。

そこへハナがエリーに頼まれたと
夕食を持ってやって来た。

気を利かせたマッサンはその場から
立ち去り、二人きりにする。

そしてドアの陰から様子を窺っていると、
エリーもやって来た。

ハナは俊夫の仕事について質問すると、
俊夫は饒舌に喋った。

「よく喋んなぁ!仕事の話は。」

とハナが言うと、俊夫は黙ってしまった。

「…どう思う?オラのお見合い。」

ハナが尋ねると、俊夫は固まってしまうのだった。




スポンサーリンク








「マッサン」104話の感想


ハナのお見合い話が来てから、
俊夫との間がギクシャクしてますね。

お互い軽口は叩けるけど、
本心はなかなか伝えにくいらしいです☆

そんな中、俊夫が思いついたリンゴ汁を
発酵させ、ワインにするというアイデア。

これはうまく行きそうな予感ですね♪

エマが食べていたリンゴゼリーも
本当に美味しそうでした!

それにしても、マッサンは俊夫とハナのこと、
エリーに言われなければ、全く気付かなかった
ようですね…。

人の気持ちについては、やっぱり
エリーの方が一枚上手って感じです。

何も言ってくれない俊夫に、
いよいよハナが切り込みました!

ここでちゃんとしなきゃ、ハナを
失ってしまう俊夫!!

これは明日が山場でしょうか!?

楽しみですね~♪


当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。