So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン あらすじ ネタバレ 第19週「万事休す」

「マッサン」の第19週のあらすじとネタバレ


朝ドラ「マッサン」の第19週目のあらすじとネタバレをご紹介!

時は1940年(昭和15年)

エマも女学校三年生に。

出資者にウイスキーを造っていたことを
打ち明けるマッサン!

本文中にネタバレを含んでいますので、
放映前に内容をお知りになりたくない方は
閲覧注意でお願いいたします!



理想のウイスキー完成!


1940年(昭和15年)

日本は中国と長期に渡る戦争を続けていた。

北海道果汁は、アップルワインとゼリーの
売上が順調に伸び、少しずつ規模が拡大する。

マッサンが投資家に内緒で仕込みを始めた
ウイスキーも6年経ち、大分熟成が進んでいた。

いよいよウイスキーをブレンドするマッサン。

そして、やっと理想とするウイスキーが完成した!

その夜、マッサンはエリーと熊虎、ハナ、俊夫、
一馬にエマを集め、完成したウイスキーで
乾杯するのだった。

エマは高等女学校の三年生になっていた。

一同にウイスキーの味を褒められたが、
マッサンには一抹の不安があった。

今、人気の鴨居商店のウイスキー
「丸瓶」に比べると、はるかにクセが強いのだ。

本当に売れるのか心配するマッサンにエマが
「人生はアドベンチャー。
チャレンジ&アドベンチャー精神があれば
なんでもできる!」
と、いつも両親が言っている言葉を使い
励ますのだった。




スポンサーリンク








ウイスキー好きの紳士


数日後、エマとハナは三郎の店で
町の人々にウイスキーの試飲を
してもらっていると、一人の紳士が。

上杉というその紳士は作家で、
ウイスキーには目が無いと言う。

エマは上杉を自宅に招くと、
彼はマッサンのウイスキーを
「ハイランドケルトに似ていますね。」
と評すのだった。

上杉はマッサンがスコットランドに留学したこと、
鴨居商店を辞めた後、北海道へ移住したことも
全て知っていた。

マッサンのウイスキーを飲みたくて
わざわざ余市までやって来たのだった。

エリーは自慢の料理で上杉をもてなした。

上杉はジャパニーズ・ウイスキーの歴史を
作って下さいとマッサンに告げ、帰って行った。

出資者に真実を告げる


マッサンは出資者にウイスキーのことを
話そうと、野々村に電話を掛ける。

すると数日後、野々村と渡が余市までやって来た。

自分達に黙ってウイスキーを仕込んでいたことを
知った渡は激怒する。

マッサンとエリーは謝罪した上で、
今後はリンゴの商品をやめて
ウイスキー一本で勝負させてくれと頼む。

野々村は取りあえず賛成してくれたが、
渡の怒りはおさまらない。

エリーとエマは北海道の食材でご馳走を作り、
二人をもてなすと、あまりの美味しさに
野々村も渡も驚くのだった。

熊虎やハナ、一馬らが渡に頭を下げて願い、
ようやく渡はウイスキー事業の開始を許可してくれた。

そしてこれを機に社名を「北海道果汁」から
「ドウカ」(北海道果汁の略称)に変更された。

スコットランドへの手紙


ある日、上杉が書いたコラムが新聞に載った。

「日本のハイラントゲルト誕生す」

マッサンのウエスキーが絶賛されていた。

そしてその秋、ドウカウイスキーはいよいよ
全国に向けて出荷されたのだ。

エリーはスコットランドの母に向け、
やっと自分達の夢が叶ったと手紙を書いた。

春になってエリーに妹のヘレンから
手紙が届いた。

母・ローズマリーはエリーの手紙を
とても喜んでいるが、体調を崩しているので
一度、帰郷して顔を見せてほしいと綴られていた。

しかし戦時下の状況では、エリーが
帰郷することは不可能だった。

眠れない日々


出荷したドウカウイスキーは一向に売れなかった。

大阪に呼び出されたマッサンは、
渡に会社を畳むよう命じられる。

野々村は工場内にある6年分の原酒を
別の商品に作り替え、少しでも売上を
上げてから会社を畳むよう指示した。

従業員も半分に減らすことになった。

余市に戻ったマッサンから話を聞いたエリー。

二人の眠れぬ夜が始まった。

と、ある日大阪から大作がやって来た。

ドウカウイスキーが売れていないと知った
大作は、マッサンを励ましに来たのだ。

数日後、マッサンは従業員らに会社の
状況を説明し、解雇する人々の名を
読み上げ始める。

救世主登場


突然、海軍の士官がドウカを訪ねて来た。

士官はドウカウイスキーを試飲すると

「…やはりこんなものか。」

と言ったが、戦争の影響で洋酒が
確保しづらくなったことから、
海軍がドウカウイスキーを買い上げると
宣言したのだった。

これにより、ドウカは海軍指定工場になり、
倒産を免れることとなった。

思わぬ救世主の登場で人員整理の
必要も回避されたのだ。

しかし「こんなものか」という言葉は
マッサンの耳にこびりつくのだった。


このあらすじは、コチラ↓を参考にしています。

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。