So-net無料ブログ作成

「マッサン」102話(1月31日)エマ、父兄参観で作文を発表!

「マッサン」感想とネタバレ102話


エマの高熱も下がり、一安心の亀山家。

養女であるという事実を受け入れた
エマは、張り切って家族の作文を書く。

そして、マッサンはリンゴジュースの
出荷先に新たな閃きが!?

「マッサン」102話の内容とネタバレ


熱も下がり、起きられるようになったエマ。

エマはエリーがお母さんであることは
分かっていると言う。

父兄参観に行ってもいいかと尋ねるエリー。

「うん!」

と元気に答えるエマだったが、
マッサンとエリーにお願いがあると言い出した。

「エマより先に死なないで。」

本当の両親はもう亡くなっていて
会うことができないなら、
マッサンとエリーには、自分よりも先に
死なないでほしいと言うのだった。

言葉を失う二人だったが、エマを抱き上げると

「分かった、約束じゃ!」

と答えるマッサンだった。

その言葉を聞いて、安心した笑みを浮かべるエマ。

マッサンとエリーはエマを抱きしめた。

その夜、エリーはお手製の寝間着を出した。

家族3人でお揃いの着物。

「今夜、これ着て3人で寝る?」

エリーの提案に、久しぶりに
川の字で眠ることに。

安心しきった顔で眠るエマ。

翌日、エマは宿題の作文を書き上げるのだった。

そして父兄参観の当日。

リンゴジュースを差し入れしようと用意する
マッサンに、病人の見舞いでもないのに
おかしいと注意した。

この言葉に閃いたマッサン。

リンゴジュースを病院に置いてもらったら
どうかと考えたのだ。

早速、明日から病院周りをすることにし、
二人は父兄参観のため、エマの学校へ。

エリーを物珍しげに見る父兄もいたが、
タケシの父は笑顔で会釈してくれ、
よしえの母も話しかけてくれた。

そんな中、エマが作文を読む順番が回って来た。

「私の家族 亀山エマ」

エマは元気に読み始めた。

自分の本当の両親が既に他界していること。

でも、自分には世界一の両親がいること。

お母さんは料理上手で歌も上手。

怒るととても恐いと言い、笑いを誘った。

お父さんはウイスキーのことばかり
考えていて、頑張っていること。

そして、自分はいつかエリーのようになりたい。

そうなれたら、マッサンのような男の人と
結婚したいと綴ったエマ。

この作文に、マッサンとエリーは
涙ぐんで喜んだ。

工場では、リンゴジュースの製造が再開された。

小樽や札幌の病院で、リンゴ汁を置いてくれることが
決まり、口コミで広がった評判で東京や大阪にも
出荷が決まったのだ。

亀山家ではエリーがオルガンを弾き、
エマやその友達たちが一緒に
歌を歌っていた。

仕事も家庭も、順風満帆な亀山家だった。




スポンサーリンク








「マッサン」102話の感想


真実を知って動揺したエマですが、
やっと落ち着きましたね!

とてもいい作文が書けました!

エリーも父兄参観に参加したことで、
周りからの偏見が少なくなったようです。

やっぱり人と人は交流すれば
分かり合えるものなんですよね♪

熱を出したリマも美味しいと言って飲んだ
リンゴジュース。

それで病院への出荷を思いつくマッサン。

売れずに苦労したリンゴジュースですが、
これから順調に販路が開けそうですね!

今週はエマが出生の秘密を知ると言う
事件がありましたが、後半は全てが
うまくまとまって、見ていてホッコリしました。

でも、次週の予告編で更なる事件が!

気になる方は次週のネタバレをどうぞ!

マッサン あらすじ ネタバレ 第18週「遠くて近きは男女の仲」


当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。