So-net無料ブログ作成

「マッサン」100話(1月29日)自分が養女であることを知ったエマ!

「マッサン」感想とネタバレ100話


大阪から戻ったマッサン。

エリーと相談し、エマに真実を伝える
ことを決める。

養女であることを聞かされたエマは…?

「マッサン」100話の内容とネタバレ


学校から帰宅したエマに熊虎が声を掛けた。

宿題の作文は書けたのか?と聞く熊虎。

エマの友達の床屋の娘から作文の宿題が
出ていることを聞いていたのだ。

熊虎は自分で描いた芋虫の絵をエマに見せ、
今、エマはこの芋虫と同じだけれど、
いつか立派な蝶にになり、エリーのような
人になれると諭すのだった。

そして、タケシが家の手伝いをしていることを話し、
今度学校へ来たら仲良くしてあげるように言った。

エマは頷き、家に入った。

マッサンが大阪から戻った。

俊夫と一馬にリンゴジュースの名前を
リンゴ汁にすることを伝え、
百貨店に営業に行く話をするマッサン。

エマはハナに国語の勉強を見てもらっていた。

勉強の途中で、エマはハナの亡くなった
母親について尋ねた。

ハナが母親に似ているか?と聞いた後、
自分はどっちに似ているのかな?とハナに尋ねた。

ハナは戸惑いながらも、どちらにも
似ていると答えるのだった。

その後、ハナはマッサンとエリーに
そろそろ本当の話をした方がいいと
助言するのだった。

作文の宿題に取り掛かるエマ。

マッサンとエリーは話し合った結果、
エマに真実を伝えることにした。

「大事な話がある」
とエマをリビングに呼んだマッサンとエリー。

エマとエリーの髪の色が違う理由を
教えるとマッサンは言った。

そして、エマが養女であることを伝えた。

「養女?」

首を傾げるエマに、自分たち親子は
血が繋がっていないこと、
本当の両親は流行病で亡くなったことを話した。

マッサンはエマの手を握りしめ、
自分達はエマを実の娘だと思っている、
エマはこの世でたった一人の
大切な娘だと言った。

エリーの「エ」と政春の「マ」をとって
エマと名付けたことも話した。

エマは言葉を失うが、マッサンとエリーの
気持ちを聞いて、ニッコリと頷いた。

手を取り合う親子三人。

しかし、その夜、エマはなかなか寝付けない。

宿題の作文の途中のままだ。

翌朝、エマは元気よく学校に出掛けた。

エマを見送るエリーに、ハナが昨夜どうだったのか
尋ねる。

「分かってくれた」

と言うエリーに安心するハナ。

一人だけ事情が分からない俊夫は
ハナに説明を求めるのだった。




スポンサーリンク








「マッサン」100話の感想


とうとう、エマが真実を知る日が来ましたね!

10歳と言えば、子供のようでも
実はしっかりしてくるお年頃。

マッサンは、ゆっくり丁寧に真実を語りました。

さすがに言葉を失うエマ。

エリーとの外見の違いに、疑問は感じて
いたようですが、まさか自分が養女だったとは
想像していなかったことでしょう。

マッサンとエリーの気持ちに
「分かった」
と笑顔で答えたエマ。

健気で、可愛かったですね!

大好きな両親の前で、必死に笑顔を
作ったようにも見えましたが…。

書きかけの作文に、今後何を書くのか、
とっても気になります!

リンゴジュースは「リンゴ汁」になっちゃう
みたいですが、仕方ないですね☆

百貨店という販路が開けるといいのですが…。

これが売れないと、いつまでたっても
ウイスキーに進めないのですが、
今週はエマのことが気になっちゃいます!


当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。