So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」96話(1月24日)熊虎の夢を受け継いだマッサン!

「マッサン」感想とネタバレ96話


熊虎の夢を受け継ぎ、工場を建てることに
したマッサン。

そして、広島から俊夫もやって来て、
リンゴジュース造りが始まるのだった!

「マッサン」96話の内容とネタバレ


ニシン御殿の権利書をマッサンに
差し出した熊虎。

自分の夢を受け継いで欲しいと言う。

マッサンの手に権利書を握らせる熊虎。

マッサンは3年前に熊虎に出会っていなかったら、
北海道には来ていなかったかもしれないと言った。

今、腹が括れたマッサンは、熊虎に約束した。

ここを自分達の第二の故郷にすると。

そして、マッサンは進にここを
ウイスキーの里と呼ばれる場所にしたいと言い、
リンゴを売ってくれるよう、土下座して頼んだ。

エリーも寄り添って頭を下げると、
熊虎もそれに続いた。

戸惑う進だったが
「分かった。リンゴは分けてやる。」
と言った。

立ち去る進をハナが追いかけ、
迷惑をかけたことを詫びると、

「見たことあっか?
あの熊虎さんが、オラに頭下げやがった。」

と言って、微笑んで帰って行った。

マッサンは熊虎とハナと一馬を
ウイスキー工場で一緒に働かないかと誘った。

熊虎はもし、春にニシンが来たら
海に戻るという条件を付けたが、
結局は、みんな工場を手伝うことになった。

そして、一年後。

とうとうマッサンの工場が完成した。

地元からは8人の従業員を採用し、
ニシン御殿はそのまま残し、
みんなの食堂として使うことになった。

ニシンの隣には「エリーハウス」という
マッサンたちの家が造られた。

キッチンとリビングは西洋風、
夫婦の寝室はエリーの希望で
和室に布団を敷くことにした。

ハナはエリーに大根の漬け方や
イカの塩辛の作り方を伝授した。

「ごめんつかあさい。」

そういってやって来たのは、俊夫だった。

エリーの「ラブレター」を受けて、
またマッサンのウイスキー造りを
手伝うことになったのだ。

相変わらず天邪鬼な俊夫は、
まずリンゴ汁を造ると聞いて、
話が違うから帰ると言い出した。

と、そこへドアを開けて入って来たハナ。

俊夫は思いっきり、戸に頭をぶつけた。

助け起こしてくれたハナを見て、
ポーっとなってしまう俊夫。

どうやら一目惚れしたようだ。

その夜は工場の完成祝いと同時に
俊夫の歓迎会がニシン御殿で行われた。

そして、リンゴ汁の生産が始まった。

次々と絞られてジュースになったリンゴが
ビンに詰められ、ラベルを貼られていく。

マッサンの工場は活気に溢れていた。




スポンサーリンク








「マッサン」96話の感想


やっと熊虎と一馬が和解できました!

これも一重にエリーのお陰ですね♪

熊虎と進の関係も、これからいいものに
なっていきそうな気配です!

そして、いよいよマッサンの工場が完成!

一年間で、随分立派な工場が
できちゃうものだな~…とちょっと
びっくりしましたが☆

エリーハウスも立派な造りでしたよ!

エマの個室もあって、びっくりです!

俊夫は相変わらずの天邪鬼な
物言いでしたが、どうやら一目で
ハナが好きになってしまった様子!

でも、天邪鬼な彼の事だから、
なかなか告白とかできないんじゃ
ないんでしょうか?

この先の二人の展開が楽しみです♪

リンゴジュースも次々造られているし、
今、まさに絶好調という感じです。

今回は見ていて楽しくなる内容でした!

来週は、どうやら主役はエマのようですよ。

先が気になると言う方は、
コチラ↓からネタバレをどうぞ!
マッサン あらすじ ネタバレ 第17週「負うた子に教えられる」


当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。