So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」89話(1月16日)マッサン、独立のための出資者現る!

「マッサン」感想とネタバレ89話


エリーが野々村に頼み、自分たちに
出資してくれる投資家を探してもらう。

投資家の渡氏が出資を承諾してくれるも、
新たなる難題を課されたマッサン!

「マッサン」89話の内容とネタバレ


鴨居商店を辞めていいとエリーに
言われたマッサン。

そして、エリーに連れられ家主の
野々村宅を二人で訪れるのだった。

野々村家には投資家の渡氏が招かれていた。

野々村を投資の世界に引っ張り込んだのも
この渡氏だった。

エリーは野々村に頼んで、投資家を
紹介してもらうことにしたのだ。

しかし、マッサンがウイスキー造りの資金に
50万円は必要だと話すと、渡は仰天した。

マッサンは北海道がいかにウイスキー造りに
適した土地か、働き手は地元で調達できるし、
輸送の手配も考えてあると説明した。

渡はマッサンにライバルである鴨居商店と
同じ商品を造るのか?勝ち目はあるのかと質問した。

マッサンは本格的なウイスキーを造れれば、
鴨居には絶対に負けないと断言した。

しかし、ウイスキーの熟成に最低5年の
月日が掛ると説明すると、渡はとたんに
渋い顔をした。

出資した資金を5年も回収できないとなると
この話は前進しないと言われてしまった。

自宅に戻ったマッサンは最初の5年間の
資金をどうするか考えた。

と、リンゴを食べるエマを見たエリーが閃いた!

美味しいリンゴが豊富に取れる北海道なら、
リンゴ汁を作って売ればどうだろうか?

早速、二人は野々村家に出向きこの案を話した。

日本にはまだ、天然果汁のジュースが
無かった時代だ。

また、ジュースならば見た目の悪いリンゴでも
十分商品になる。

材料費は安く済むというのだ。

この案に渡も野々村も納得し、出資を約束する。

しかし、渡は50万の資金のうち、
自分と野々村が20万ずつ、
40万円は出すが、残り10万円は
マッサンがどうにかするよう言った。

この当時の10万円は今でいう
5千万円に相当する。

自分らが一銭も出さず、会社を立ち上げるのは
虫がいい話だと渡は言うのだ。

悩みながら帰宅する二人を英一郎が訪ねてきた。

英一郎は次に造るウイスキーの案を
考えて来たのだった。

マッサンは鴨居商店を辞める決意をしたと
英一郎に伝える。

英一郎は驚き、自分らを裏切るのかと
激怒し、帰ってしまう。

マッサンは明日、大将に辞表を提出すると
エリーに話す。

翌日、マッサンはエリーと一緒に
大将を訪ねるのだった。




スポンサーリンク








「マッサン」89話の感想


この前、エリーが野々村家を訪ねていた
理由が今回分かりましたね!

野々村に頼んで、投資家を紹介して
もらったんですねぇ~。

でも、さすが数々の事業を展開する渡氏。

決して危ない橋は渡りません!

リンゴジュースの話で、投資することに
OKするも、10万円分の資金は
自分達でなんとかしろと難題を!!

今のお金で5千万円ですか…!

さすがに、マッサンには用意できないですよね☆

北海道工場建設に向けて、話が進む中、
英一郎はこの件を聞いて激怒しました。

今まで一緒に苦楽を共にしてきた中ですからね。

裏切り…と言われても仕方ないかも。

でも、最後は円満に送り出してくれるといいな。

リンゴジュースの案もエリーのアイデアとして
ドラマでは紹介されましたが…。

これは史実では、竹鶴氏の思いつきのようですよ。

当時、北海道も仕事があまり無くて、
少しでも地元に貢献したいと考えた
竹鶴氏の発案だったようです。

なんだか、段々と北海道行きが
現実味を帯びてきました!

大阪編は明日が最後かな!?


当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。