So-net無料ブログ作成

「マッサン」森野熊虎の屋敷のモデルとなったロケ地はここ!

森野熊虎のニシン御殿ロケ地


怪しい風体の男・森野熊虎

しかし、恐ろしく大きなお屋敷のご主人でしたね!

今回は熊虎の「ニシン御殿」のモデルとなった屋敷や
ロケ地について調べてみました!

森野熊虎が建てたニシン御殿とは?


マッサンが北海道の余市で出会った森野熊虎。

会津出身の熊虎は、東北を巡り歩いた末、
北海道でニシン漁に成功、いわゆる
「ニシン御殿」を建てた人物です。

御殿のというだけあって、かなりの大きさのお屋敷です。

高級な木材を使い、中には絢爛豪華な天井がを
描いた御殿もあったそうです。

熊虎のニシン御殿も、相当大きなお屋敷のようです。

網元の自宅に漁業施設も併設されていたため、
その敷地面積も相当な物だったようですね。

当時、大群で押し寄せるニシンの群れが、
海に白子を放出して、海が真白く濁ったと
言われています。

群来(くき)と呼ばれたこの現象は、
昭和30年頃から途絶えてしまい、
ニシン漁は衰退していきます。




森野熊虎のニシン御殿のモデルは?


さて「マッサン」で熊虎のニシン御殿の
モデルとなったお屋敷ですが、
「北海道開拓の村」
という施設の中にあるそうです。

この中にある「旧青山家漁家住宅」
熊虎の屋敷として使われているようですね。

「北海道開拓の村」では、北海道開拓時代の
様々な建造物を見学することができます。

「北海道開拓の村」へのアクセスは
「JR新札幌駅」もしくは「地下鉄東西線新さっぽろ駅」下車、
新札幌バスターミナル・北レーン10番のりばより、
JR北海道バス「開拓の村」行に乗り換え終点下車すぐです。

「JR新札幌駅」はJR札幌駅より快速で約10分、
JR新千歳空港駅より快速で約28分で行かれます。

札幌を訪れる際に、是非行ってみたいですね♪

施設には「開拓の村食堂」もあって、
「屯田兵定食」
という団子焼きや味噌おでん
豚汁などのセットメニューが
人気のようですよ!

できたらニシン料理を食べたいものですが、
今はニシンは殆ど獲れないようなので残念です☆

そう言えば、ニシンからは数の子が取れるんですよね!

日本人は数の子が大好きだから、
取りすぎちゃったのかもしれません。


個人的に「ニシン御殿」と聞いて連想するのは
こちらの日本酒です。



北海道・小樽の日本酒で、実際のニシン御殿で
酌み交わされていたお酒を再現したものだそうです。

網元気分を味わえるかもしれないですね♪

「マッサン」では、いよいよ舞台が
北海道に移りそうな雰囲気です。

これから、熊虎の出番も多くなることでしょう!

豪華絢爛なニシン御殿をこれからしばらく
楽しめるかもしれませんね!


当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。