So-net無料ブログ作成

「マッサン」感想とネタバレ64話(12月11日)

「マッサン」感想とネタバレ64話


少しずつエリーに心を開く英一郎。

苦手だったマッサンのことも
理解し始めた感じです!

ところが、突然大将が現れて…?

「マッサン」64話の内容とネタバレ


こひのぼりで突然泣き出した英一郎。

翌朝、英一郎は「恥ずかしいところを見せた」
エリーに詫びるのだった。

エリーは、何故泣いたのか理由を尋ねた。

「全部です。」

英一郎は、皆の優しさやエリーの強さ、
そして自分を褒めてくれたこと全てに
心打たれたのだった。

英一郎は素敵なエリーが、なぜマッサンと
結婚したのか?と尋ねる。

「まっすぐなところ。」

エリーは、マッサンは猪みたいだけれど、
優しい猪だと言う。

「趣味悪いです。」

と言う英一郎に

「ヒドイ!私の旦那さん!」

と言い、二人は笑い合う。

英一郎はエリーに心を開き始めた。

彼はエリーに父のどこが好きなのか尋ねた。

エリーは自分の父と同じことを言う
大将が好きだと答える。

「人生はアドベンチャー。」

しかし、この言葉を英一郎は言われたことが無い。

それどころか、家でも殆ど顔を合わせる
ことは無く、母が胸を患って入院した時も、
彼はあまり見舞いにも来なかったと言う。

亡くなる間際まで、それは変わらなかった。

母親のことがあって、英一郎は父が
心の無い人だと思っているのだった。

そこへマッサンが帰って来た。

英一郎を呼ぶと、何やら内緒話をした。

マッサンと英一郎は日曜大工を始める。

作業をしながらマッサンは英一郎に

「英一郎はほんまにやりたいことはないんか?」

と尋ねる。

マッサンも若い頃は志も無かったが、
父親だけは越えたいと思っていたと語る。

父親が憎いなら憎いで、もっと嫌いになって
その嫌いな父親を越えたらいいと言う。

「無理ですよ」

と言う英一郎に、自信を持て!と励まし、
きっと英一郎を探し求めている人がいると
断言するのだった。

エリーが紅茶を運んでくると、
丁度二人の作業が終わった。

それは、赤ん坊の揺りかごだった。



エリーは感激し、マッサンと英一郎に
心から礼を言った。

「エリーさん、僕は間違うてました。
猪は意外にロマンチストで、フランクで
フレンドリーな一面がありました。」

と、そこへ大将がやって来た。

途端に表情が硬くなる英一郎。

大将はエリーの妊娠を知り、
英一郎をここには置いておけないと
言いに来たのだった。

一気に険悪な雰囲気になる大将と英一郎…。




スポンサーリンク








「マッサン」64話の感想


無愛想で、言いにくいことをズバっという
英一郎でしたが、突然の涙に驚きましたね!

今まで彼の周りには、彼を認めてくれ
優しく包んでくれる存在がいなかったのでしょう。

人情に触れて、人間らしくなってきました♪

やっと笑顔もみれましたしね!

難しい役どころですが、浅香航大さんが
上手く演じていらっしゃいます。

なんか人気の出そうな予感…!

大将の奥さん、回想シーンで登場しましたね!

私の勝手な想像で、儚げな美人を思い描いて
いたのですが、なんとも可愛らしい雰囲気の
方でした。

これからも回想ですが、登場しそうですよ♪

今週はマッサンがカッコイイです!

英一郎にもなかなかいいことを言うんですよ。

やはり父親になるという自覚からですかね?

いつもの辛気臭さが全く感じられません!

一方の大将は、ちょっと歯切れの悪い感じ。

英一郎とは話しにくいのか、とても
ギクシャクした空気が流れています。

この二人の仲を取り持つのは、
やっぱりエリーなんでしょうね!!

大将と英一郎、分かり合えるといいですね♪

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。