So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」感想とネタバレ26話(10月28日)

「マッサン」感想とネタバレ26話


ウイスキー造りに次々と立ちはだかる難題。

太陽ワインの自社工場を持つという鴨居に
大作は直談判へ…!

ネタバレを含め、26話の感想を書きたいと思います。

「マッサン」26話の内容とネタバレ


ポットスルチの製造を取りやめにしたという
矢口に食ってかかるマッサン。

しかし、給料を貰っている以上、会社の事情を
考えろと一蹴されてしまう。

そこへ大作が外出先から戻り、明日からまた
太陽ワインの生産を再開すると宣言した。

大作は自ら鴨居に頭を下げて、
太陽ワインを造らせてくれるよう頼んだのだった。

ワイン製造再開に喜んだマッサンは、
真っ先にエリーに報告に行く。

しかし、エリーはそっけない態度だった。

マッサンの仕事は社長とウイスキーを造ること。

それが始められるまで、安心してはいけないと
エリーは嬉しい気持ちを隠し、敢えて厳しく言うのだった。

大作とマッサンは、株主たちや銀行を周り、
ウイスキー事業に力を貸してくれるよう頼んだ。

しかし、誰もが大株主である長五郎の意見次第と
冷たい対応をされるのだった。

マッサンは「こひのぼり」で一人、ヤケ酒をあおる。

店主の春さんが、エリーのために早く帰るよう
忠告するも、マッサンは飲み続け、潰れてしまう。

エリーがマッサンを探しに「こひのぼり」にやって来た。

エリーは店のみんなに礼を言い、
マッサンを連れて店を出た。

なんとか自宅に辿り着くも、弱音を吐くマッサンに
エリーはコップの水を差し出した。

「がんばればきっと造れるよ。」

と言うエリーにマッサンは自分は頑張っているのに、
誰も分かってくれないと毒づいた。

エリーはそんなマッサンに腹を立て、
コップの水をぶちまけた。

みんなも頑張っている、簡単に諦めないで!

この言葉にマッサンは目を覚ました。

翌日、田中家に長五郎が来ていた。

優子に婚礼道具をプレゼントしに来たのだった。

上機嫌な長五郎を見て、大作はすかさず
株主会議の話を持ち出した。

そこへマッサンとエリーもやって来て、
マッサンは土下座して頼むのだった。

必死に頼む大作とマッサンを見て、
優子も援護射撃する。

さて、長五郎の気持ちは動くのか…?




スポンサーリンク








「マッサン」26話の感想


今回は、大作がいい仕事をしましたね~!

プライドを捨てて、鴨居の大将に頭を下げて
太陽ワインを造られて欲しいと直談判!

マッサンを引き抜こうとした男に
頭を下げて悔しくないのか?

…そう大将に問われ「悔しいです!」
言いながらも、それでも夢のためなら
頭でも下げるし、裸になれと言われたら
服も脱ぎます!と言い切りました。

そんな大作の強い意志に感動し、
大将は太陽ワインをまた住吉酒造に
一任してくれます。

この二人は本当にいいライバルなんですね♪

いつもはの奥さんに弱そうな、頼りなさげな
大作ですが、今回はさすが社長!って感じでした。

相変わらず嫌味っぽい矢口専務ですが、
彼は彼なりに、会社のことを考えると
保身に走ってしまうんでしょうね。

みんながみんな、夢を追っていたら
経営が成り立たないですからね☆

このドラマの憎まれ役ってところです。

一方のマッサンは、なかなかウイスキー造りが
できないことから、ヤケ酒です☆

まだまだ人間的に青いってところでしょうか。

本当にエリーがいなかったら、
挫けていたんじゃないかと心配になっちゃいます☆

それでも、長五郎に頭を下げて
株主会議を開いてくれるよう頼むシーンは
男でしたね!

まだまだ険しい道程ですが、
頑張れ!マッサン!!

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。