So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン エリーが歌った歌について

マッサン エリーが歌った歌


「マッサン」では、エリーが色んな歌を歌っています。

日本語で歌っていますが、元々はスコットランド民謡が多いようです。

「蛍の光」「故郷の空」「埴生の宿」

今回は「埴生の宿」をご紹介します♪

マッサン エリーの歌について


当ブログで、今までエリーが歌った歌について
いくつかご紹介してきました。

【関連記事】
マッサン エリーの歌う「蛍の光」スコットランド民謡の歌詞と意味

マッサン エリーの歌う「故郷の空」ってどんな歌?

「蛍の光」「故郷の空」この2曲はどちらも
元々はスコットランド民謡なんです。

面白いのは、どちらも日本では原詩とは全く違った
内容になっているところでしょうか。

マッサン エリーと鴨居が歌った歌は?


17話で、マッサンに構ってもらえないエリーが
鴨居の大将を訪ねる場面があります。

そして、鴨居がエリーを家まで送るシーンで
二人が歌っていた歌。

「埴生の宿」という歌ですね!

この歌を聞くと「ビルマの竪琴」を連想してしまうのは
私だけでしょうか…?

「ビルマの竪琴」は、ビルマで戦う日本軍の映画でしたが、
主役の水島上等兵を中井貴一さんが演じられていて、
最後、仲間と日本へ帰らず、僧侶としてビルマに残る…
という、感動大作でした。

あれから「埴生の宿」は日本の歌だと思い込んでいたのですが、
これもスコットランド民謡のようです。
(ウィキペディアによるとイングランド民謡とあります)




スポンサーリンク








エリーと鴨居の歌う「埴生の宿」ってどんな歌?


「楽しき我が家」という邦題でも親しまれる「埴生の宿」

有名な歌なので、メロディーはどこかで耳にしていると思いますよ。

日本語と英語の歌詞をご紹介します♪

「埴生の宿」
埴生の宿も わが宿
玉の装い 羨まじ
のどかなりや 春の空
花はあるじ 鳥は友

おお わが宿よ
楽しとも たのもしや


書(ふみ)読む窓も わが窓
瑠璃の床も 羨まじ
清らかなりや 秋の夜半(よわ)
月はあるじ 虫は友

おお わが窓よ
楽しとも たのもしや


「Home, Sweet Home」
Mid pleasures and palaces though we may roam,
Be it ever so humble, there's no place like home;
A charm the skies seems To hallow us there,
which, seek thro' the world, is ne're met with else where.

Home!
home, sweet, sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home,


Anexile from home, splendor dazzles in vain;
Oh! give me my lowly thatched cottage a gain;
The birds singing gaily, That come at my call;
Give me them and that peace of mind, dearer than all.

Home!
home, sweet, sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home,

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。