So-net無料ブログ作成

朝ドラ マッサン 泉ピン子の評判は?

朝ドラ マッサン 泉ピン子さんについて


朝ドラ「マッサン」で、泉ピン子さんがマッサンの
母親・早苗役を演じています。

泉ピン子さんと言えば、ベテラン女優さんです!

今回の朝ドラでの評判はどうなんでしょうか?

朝ドラ マッサン 泉ピン子が朝からキツイ!?


泉ピン子さんと言えば「渡る世間は鬼ばかり」で、
姑にいびられる役を演じていたのが印象的です。

朝ドラ「マッサン」では、嫁のエリーをいびる役!

そのキツイ物言いに、視聴者の方々からは

「まず朝から泉ピン子が怖い!」

「泉ピン子の放つプレッシャーがハンパない」

「ピン子が怖くて、マッサンが見れません」

「やっぱり朝ピン子はつらいよぉ」

…などの声が上がっています☆


ある意味、主役の二人よりも話題をかっさらっているピン子さん!

その存在感たるや、スゴイですよね!

「マッサン」での泉ピン子の存在感


泉ピン子さんを怖がっている視聴者の方々は大勢いますが、
悪役が酷ければ酷いだけ、主役が光るんですよね。

いびられても耐えるエリーが、一層健気に見えます!

そう言った意味では、ピン子さんってスゴイ女優さんですよね。

あのくらい強烈な姑の方が、戦い甲斐があるというもの!?

今は舞台が大阪に移っているので、ピン子さんの登場は
しばらくお預けですが、再登場が楽しみです♪(←マゾ的発言?)

ピン子さん比べたら、優子のイジメなんて
可愛いものに思えてきてしまいますよ!

日本の女優さんの中でも、あそこまで酷い姑を
それらしく演じられるのって、
ピン子さんくらいじゃないでしょうか?

亀山早苗実際のモデルの性格って?


泉ピン子さんが、あまりにも強烈な母親役を演じているので、
竹鶴政孝氏の母親も、怖かったのか…?
と気になってしまいますよね。

エリーのモデルのリタさんも、こんなにキツイ言葉の
数々を浴びせられたのでしょうか?

早苗のモデル、竹鶴チヨウさんは、物静かな性格だったそうです。

名家のご出身で、お琴やお茶が得意だったとか。

ピン子さん演じる早苗からは、想像しにくいですが、
確かにドラマの中でも、早苗は生け花をしていましたね。

性格は真逆だけれど、所々似せているのかもしれません。

また、驚いてしまうのが政孝とリタの結婚を
一番最初に認めたのもチヨウさんなんだそうですよ!

二人の結婚はスコットランドからの手紙で知らされ、
家族は大反対したそうですが、結局はチヨウさんが
一番に許し、旦那さんを説得したとか…。

ドラマでは、父親の方があっさりエリーを認め、
早苗はいつまでも納得しない…という感じでしたが、
これはドラマ性を考えてのことなんでしょうね。

「人情喜劇」にするには、父親が反対するより
母親がアレコレ口出ししたり、嫌がらせする方が
盛り上がりますもんね!

しかも、あのピン子さんが演じるのですから!

「怪演」とまで評されたピン子さんの早苗。

実はもう、9月末には亡くなるシーンの撮影が
行われたんだそうです。

…なんか、早苗が死ぬ気がしませんでしたが☆

存在が大きかっただけに、亡くなってしまったら
心に穴が空いてしもうかも…。

でも、まだまだピン子さんは活躍しますよ♪

今後のご活躍を楽しみにしましょう!

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。