So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン あらすじ ネタバレ 第3週「住めば都」

「マッサン」の第3週のあらすじとネタバレ



朝ドラ「マッサン」の第3週目のあらすじとネタバレについて。

本文中にネタバレを含んでいますので、
放映前に内容をお知りになりたくない方は
閲覧注意でお願いいたします!

マッサンとエリー、新しい住まいへ


マッサンとエリーは田中家を出て、新居へ向かった。

マッサンがエリーのために見つけた洋館だ。

しかし、家主がエリーを見るなり
「外国人はお断り!」
と言い出し、二人は住む家が無くなってしまった。

仕方なく近くの「こひのぼり」という大衆食堂で
食事をしていると、店主の娘が借家を紹介してくれた。

捨てる神あれば拾う神ありだ!




スポンサーリンク








マッサン、エリー、それぞれの試練


引っ越し後、優子が夫婦茶碗を持って
エリーを訪ねて来た。

父親からエリーの覚悟を聞かされた優子は
気持ちの整理をつけ、エリーに謝りに来たのだった。

エリーはマッサンのために、
ご飯を上手に炊けるよう、頑張るのだった。

一方のマッサンは、ウイスキー造りの実験に
取り掛かるも、専務の矢口清に
計画書を出して株主の承認を得なければ
ウイスキーは造れないと釘を刺される。

毎日、昼休みにはエリーがマッサンに
弁当を持ってきて、一緒に食べるのだが、
まだうまくご飯を炊くことができないので
いつも黒焦げご飯だった。

夫は王様、妻は女中


エリーは訪ねて来た巡査から、この借家に住むなら
キャサリンさんに挨拶した方がいいと言われる。

キャサリンとは、片言の英語を話す女性で
この借家を紹介してくれた人だった。

本名は「種子」というらしい。

彼女の夫はイギリス人の牧師ということだった。

キャサリンはエリーに、日本の夫婦は
夫が王様で、妻は女中なのだと教える。

エリーはこの言葉に不安になり、
マッサンに本当なのか尋ねてみる。

しかしマッサンはエリーに言った。

「夫婦は人生のパートナー。
それぞれの仕事の分担があるだけで、
常に対等、フィフティーフィフティーじゃ。」

エリーは安心するのだった。

すれ違うマッサンとエリー


エリーは優子にご飯の炊き方を伝授してもらう。

しかし、マッサンは矢口に提出した計画書が
経費が掛かり過ぎるという理由で突き返される。

その上、マッサンは接待もすることになり、
苦手ながらもお酒の席に連日参加することに。

エリーは一人ぼっちの毎日。

接待の意味が分からないエリーは釈然とせず、
鴨居を訪ねるのだった。

やっとマッサンが早く帰って来られた日、
鴨居に送られたエリーを目撃してしまう。

別れ際、エリーを抱きしめる鴨居。

マッサンはエリーに怒りを爆発させる。

エリーを置いて家を飛び出したマッサン。

研究室に向かったマッサンは大作に呼ばれ、
事の次第を語った。

この話を聞いていた優子が、エリーの気持ちを
代弁すると、マッサンはやっとエリーの
心細さや頑張りに気付くのだった。

そして、大急ぎでエリーの元へ帰り、
仲直りするのだった。

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」のドラマを見逃した方は
コチラ↓でご覧いただけます。





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。