So-net無料ブログ作成

「マッサン」エリーが亡くなるのはいつ?

「マッサン」のエリーが亡くなる!?


大人気の朝ドラ「マッサン」

シャーロット・ケイト・フォックスさん演じるエリーが
可愛いと評判を呼んでいますね!

このシャーロットさんが好演しているエリーですが、
第1話の冒頭で、遺影が登場しました。

エリーが亡くなるのはいつなんでしょうか?

「マッサン」エリーが亡くなるのは?



第1話の冒頭、年老いたマッサンが若き日のエリーの
遺影を見つめるシーンが印象的でした。

このシーン、マッサンは77歳という設定です。
エリーはマッサンの3歳年下。

遺影のエリーが若いので、何歳で亡くなったのか?
気になる視聴者の方は多かったと思います。

エリーのモデルとなったリタが亡くなったのが
昭和36年、享年64歳だったそうです。

マッサンが67歳の時に亡くなった計算になるので、
この冒頭のシーンはエリーの没後10年ということになります。

マッサンが造った「スーパーエリー」という
ウイスキーが「ベスト・スコッチ・スタイル・ウイスキー賞」を
受賞したシーンでしたね。

最愛の妻・エリーの名を付けたウイスキーが
栄えある賞を受賞したんです!

エリーにもこの場に立ち会って欲しかったですね。




スポンサーリンク








「マッサン」エリーが亡くなった原因は?


エリーのモデルであるリタは、元々体が弱かったそうです。

マッサンと出会って、結婚した頃は元気いっぱい!
…という感じですが、実は大学進学も諦めるほど
病弱だったようです。

実際のリタは、マッサンと出会ってからみるみる丈夫に
なったと聞きますから、愛の力は偉大だったのですね!

海を渡り、異国の地・日本でマッサンを支え、
外国人と言うことで差別や偏見も受けたようですが、
へこたれず、日本人よりも日本人らしく生きたリタ。

亡くなる半年前くらいから体調を崩し、治療に便利の良い
神奈川県の逗子で過ごすことが多かったとか。

肝臓や肺を患っていたそうで、直接の死因は肝硬変だそうです。

亡くなる少し前に、本人の希望で北海道の余市へ戻り、
大好きな思い出の詰まった土地で、息を引き取りました。

おしどり夫婦だったマッサンとリタ


マッサンは妻の死が余程ショックだったようで、
二日間も部屋から出てこなかったと聞きます。

リタのお墓を建てた時に、自分の名前も一緒に
刻んだという話もあります。

最愛の妻の死と共に、マッサンも心の一部が
死んでしまったのかもしれませんね。

リタは生涯マッサンを支え、励まし続け、
念願だった日本初のウイスキー造りの成功を見届けて
天国へと旅立って行ったのです。

ちなみに、マッサンのモデルである竹鶴政孝氏は
昭和54年に85歳でその生涯を終えています。

当時珍しかった国際結婚で、こんなにも強い絆で
結ばれた夫婦はいなかったんじゃないでしょうか?

ドラマで、エリーが亡くなるのはクライマックスと
思われますが、とても魅力的な女性です。

エリーが亡くなってしまったら、心に穴が開いてしまうのは
マッサンだけじゃなく、私たちも…かもしれないですね。

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次




スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。