So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」感想とネタバレ6話(10月4日)

「マッサン」6話の感想とネタバレ



エリーがスコットランドへ帰国!?

ネタバレを含め、6話の感想を書きたいと思います。

「マッサン」6話の感想


早苗の涙の訴えは、迫真の演技であったが、
エリーは母の愛に心を打たれ、
一人、スコットランドへ帰国する決意を固めます。

マッサンに何も言わず、そっと家を出たエリー。

なんというか、奥ゆかしい女性なんですよね。

エリー自身が家族をとても大切に思っているから、
早苗の気持ちが痛いほど理解できたのでしょう。

エリーを追いかけ、引き留めるマッサン。

いつもはちょっとグダグダな所のある
マッサンですが、エリーのこととなると
ビシっとしているんですよね!

この時代の男性が、ストレートに女性に
気持ちを伝えるのって、珍しいと思います。

それができちゃうマッサンて、素敵ですね♪




スポンサーリンク








「マッサン」6話のネタバレ


真に迫った早苗の嘘泣きで、
エリーは亀山家をそっと出て行きます。

父親の理解を得て、部屋へ戻ったマッサンは
エリーが見当たらず、探し回ります。

そんなマッサンに早苗は、エリーのことは
もう忘れろ、自分がいい嫁を探してやると
諭します。

慌てて家を飛びだし、エリーを探すマッサン。

バス通りに出ると、エリーを乗せたトラック型の
乗り合いバスが、遠ざかっていく所だった。

「エリー!」

叫びながら、バスを追いかけるマッサン。

マッサンは近道をして、なんとバスの前に
立ちはだかり、身を挺してバスを止めたのだ!

そして英語で「蛍の光」を歌った。

歌声に気付いたエリーがバスを降りてくる。

「わしを置いて、どこ行くんね。」

そう言うマッサンに、親子の縁を切ることは
絶対にいけないと言います。

エリー自身、母親に分かってもらえなかったことを
後悔しているからでした。

そんなエリーに、マッサンは自分の想いを
必死に伝えます。

「蛍の光」は、エリーがマッサンについて
日本行きを決めた、二人の思い出の曲だったのだ。

スコットランドを出る時にマッサンが言った

「この手え離すなよ」

この言葉を再び口にするマッサン。

エリーは「はい」と答えると、
二人は固く抱き合うのでした。

…バスの運転手と乗客は唖然としてましたけど☆

この回は、すごく男らしいマッサンが見れましたね!

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。