So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」感想とネタバレ1話(9月29日)

「マッサン」1話の感想とネタバレ



いよいよ新しい朝ドラ「マッサン」が始まりました!

ネタバレを含め、1話の感想を書きたいと思います。

「マッサン」1話の感想



冒頭は1971年(昭和46年)の北海道の余市から。

マッサンが造ったウイスキー「スーパーエリー」
ベスト・スコッチ・スタイル・ウイスキー賞を受賞した
シーンから始まります。

年老いたマッサン。

エリーの姿は無く、若き日の写真が飾られています。

そして、すぐにシーンは若き日へ飛びます。

マッサンとエリーがスコットランドを飛び出して
船で日本へ向かうシーンへ!

なんと言うか、エリーが思ったよりもすごく可愛いです!

今まで、写真でしか見ていなかったせいか、
生き生きと動いているエリーは、とても魅力的!

一生懸命、日本語を話す姿も愛らしいんですよ♪

子供っぽいマッサンと、すごくお似合いで
可愛らしいカップルといった感じです。

正直、エリーが新鮮過ぎて、マッサンにあまり
目が言ってなかったです。(マッサン、ごめんなさい!)

母親役の泉ピン子さんは、ラストにちょこっと
出ただけですが、さすがの存在感ですよ!

まだ1話なので、なんとも言えませんが、
滑り出しとしては、すごくいい感じです♪

明日以降の放送が楽しみですね!




スポンサーリンク








「マッサン」1話のネタバレ



スコットランドからの駆け落ちシーンは
ごく僅かしかありませんでした。

これから、回想シーンで出てくるものと思われます。

1話のメインは、広島の竹原。

亀山酒造でのシーンがメインとなります。

マッサンは、両親はエリーに会えるのを楽しみにしている
…と、彼女に嘘をついているんです。

エリーは両親に会えるの楽しみにしていますが、
なかなか実家に入ろうとしないマッサン。

結局、番頭の島爺と妹のすみれに見つかってしまい、
しぶしぶ家に入ります。

エリーは島爺を父親と間違えてハグしてしまったり、
家に靴のまま入ってしまったりと、外国人っぷりを
発揮しますが、それがまた可愛らしい!

なんとか、母・早苗にエリーを嫁として紹介したマッサン。

しかし早苗は憮然とした表情で一言。

「外国人の嫁なんか、絶対に認めまへん!」

エリーのびっくりした表情で、1話は終わります。

マッサンが母親に弱いというのが、ありありと分かる1話でした☆

これから、エリーの試練が始まりそうですよ!

当ブログの目次はコチラ↓から
NHK朝ドラ「マッサン」 目次

「マッサン」の見逃し配信はコチラ↓から





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサン.com All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。